fika/髪質改善/カットカラー定額制

fika-kamishitukaien-cut-color-subscription

おうちで髪質改善、ドライヤー前の【かみ乳液】

fika/髪質改善/カットカラー定額制
  • 公開日 : 2021年03月16日
  • 更新日 : 2021年04月15日

おうちで髪質改善のコツ~CMC贅沢美容液&毛先のプリン保湿~

 

Fikaおうちで髪質改善ステップ5 アウトバス乳液 リペアエマルジョン

皆様いつも読んでくださりありがとうございます(^^)/

今はまだ季節的に乾燥もあり、髪の水分が失われる環境

髪が・毛先がパサつく・・と気になっている人も多いのではないでしょうか・・

 

今回はfikaお家で髪質改善 5ステップ その4 リペアエマルジョンのご説明です☆

ステップ3の海洋深層水エボリューションウオーターをしっかりと中間毛先に染み込ませた後に

浸透させる【髪の乳液】なのです☆

 

これも徳島の海洋深層水がベースで創られているためキューティクルの間にとても浸透しやすく

CMCをふんだんに使った優れものなのです☆

 

最初に「CMC」について説明させていただきます(^^)/

 

『CMC』とは何?

 

『CMC』とは細胞膜複合体(Cell Membrane Complex)の略称です。

 

髪表面の一枚一枚のキューティクルの間をくっつける接着剤のような働きのもの

また毛髪内部まで延びている髪の血管のような役割もあります。

 

毛髪はざっくりと配合をお伝えしますと

 

『CMC』の役割を更に詳細に

☆疎水性を維持・水の出入りをコントロールする管の役目

☆キューティクルとキューティクルの接着剤の役割

☆内側に水分を保持してくれ髪の柔軟を高め柔らかい髪をつくりだします。

 

間充物質(コルテックス)の流出を防ぐ

 

☆髪は疎水という状態がベスト

それは水分が多すぎても少なすぎてもダメなのです。

その為 水分の出入りが大切なのですがその管のような役目が

CMCにあります。水分調整といっても間違いではありません。

また、ヘアカラーやパーマなどの薬剤の通り道にもなっています。

 

☆キューティクルとキューティクルの接着剤の役割

キューティクルは髪の中の間充物質(保湿成分)の流失から

守ってくれています

そのキューティクルはブラッシングなどの物理的損傷にとても弱いのです・・

その剥離を防止するのがCMCの役目。大切な接着剤の作用があります(^^)

 

☆内側に水分を保持してくれる

CMC自体が水分を含み髪の柔らかさをキューティクルや髪全体に与えています

 

☆間充物質(コルテックス)の流出を防ぐ

毛の内部には間充物質があります。キューティクル

とその接着剤のCMCは体の皮膚のようなもの。その内側に沢山の間充物質

保湿成分があります。その成分が外に出るのを防ぎ、常に髪の艶・うるおいを保ちます

 

そのCMCを保つと常にスタイルのまとまりがよく、水分が保持されるので

モワモワした髪や切れ毛が抑えられ、中間~毛先まで潤いのあるしなやかな、柔らかい髪の毛をつくります。

 

『CMC』が不足するとどのようになるのか

では、このCMCが美容室での施術 カラー・パーマその他

また日々のお手入れ(ドライヤー・コテ等)で流失してしまうとどうなっていくのか?

乾燥バサツキ、ダメージ進行、ひどい傷みになるとたんぱく質の破壊へと進みます。

 

水分調整ができなくなり(水が通る菅が無くなるので)保湿ができなくなり

毛先のパサつきや変な毛先のハネ今までなかった【ウネリ】や【クセ】が出現します

 

更にカラーを入れてもすぐに抜けてしまったり

 

キューティクルが剥がれ落ちて(接着剤がないので)毛先が絡む

更に進行すると切れ毛・枝毛の原因にもなりますw

 

 

 

ドライヤー前に使用すると驚くほどのプリン毛先が体験できます。

※私達は毛先が指先からこぼれ落ちるプリンとした手に残る感触をプリン毛と呼ばせていただいておりますm(__)m

 

美容室で髪質改善をされた後、少しコシが出た後につけると更に気持ちがよいのです☆

髪質改善後のアウトバストリートメントをお探しの方は、CMC配合のものを是非お試し下さい(^^)/

 

fika美容室の最新情報はこちらで☆

 

https://www.fika-lounge.com/

 

こちらで商品もご購入可能です☆

 

https://fikamyu.thebase.in/